石田卓球クラブ 

全国制覇への道 ---- 初心者大歓迎 ----
MENU

トレーニング

最近はトレーニングのあり方について考えることが多いです。
神経系
体幹
心肺能力
反射神経

これやればすべて鍛えられるみたいな魔法のようなトレーニングがあればいいのになんて思う日もあるけど今は体幹を鍛えることを中心にやってます。
やっぱり自分の体のどこに力が入ってるとかどこの力が必要とかボールを打ちながら分かるのも必要な気がします。
そんな時に見たテレビがこれでした。

<記憶する筋肉>
中村憲剛選手がサッカーを始めたのは小学生のとき。当時から肉体的には決して恵まれていなかった。
しかし正しい栄養摂取と、筋肉を鍛え続けてきた事が彼を一流の選手へと押し上げたのだ。
だれもが中村選手のようになれるわけではない。
しかし、若い頃、運動をしていた人に、嬉しい研究報告がある。
「最近の研究から言うと、一度筋肉を鍛えておけば、あとはその後長期間さぼってしまって、筋肉がしぼんじゃって細くなってしまっても、もう一回再開した時に元のレベルまで戻るのは結構早いっていう報告があるんですね」と石井教授は言う。つまり、トレーニングは見えない形で貯蓄されているのだ。
筋肉は過去、刺激を受け、成長したことを記憶しているのだ。始めるのに遅いということはない。
歳をとったと感じていても遅くはない。トレーニングをはじめ、長く続けることで、私たちは、より若さを維持できるのだ。

やっぱりトレーニングは見えないところで役に立つ時がくるんだと。
子ども達にもトレーニングは必要ですが長く指導者を続けるためにも
自分の体も鍛えなければいけませんね・・・

該当の記事は見つかりませんでした。