石田卓球クラブ 

全国制覇への道 ---- 初心者大歓迎 ----
MENU

全日本選手権ホープス・カブ・バンビ

今日大会が終了しました。
女子ホープスの部3人出場。
女子バンビの部 1人出場。

結果
女子ホープス
早田 準優勝
永道 ベスト8
田中 予選敗退

女子バンビ
舌間 決勝トーナメント2回戦敗退。

優勝を目指した早田は準決勝平野を0-2の劣勢から逆転勝利。
逆パートからは伊藤に勝利した塩見が決勝へ。

決勝は本来の試合をできず敗退。悔やまれる一戦でしたがこれがトータルでみた今の実力かな。
技術やスタイルはみなさんにも楽しみと言ってもらえるほど良い感じには仕上がってきていると思う。
ただ現時点で勝つことを考えると戦術や試合の流れを読む力がまだまだ足りないかなと。
昨年のホープス団体の決勝。選抜大会の伊藤戦のような闘志というか勝とうとする気持ちが決勝戦では足りなかったと思う。その気持ちをどうするかが今後の課題です。

ベスト8永道

今回はずっと自分がベンチに入りましたが技術を戦術で補った試合でよく頑張ったと!!!
決勝トーナメント2回戦
シードの出雲を破った畠中。
藤井選手が育ったクラブでレシーブやサーブのタイミングが絶妙。
特にフォアストレートに出すサーブはノータッチを食らうほど絶妙でしたが、うまく弱点をつき勝利。
次は大川先輩のご子息との試合。
朝一番でカットマンはやりづらい。
予想通りミスするとこでミスをして負けてもおかしくなかったが最後は決めたコースにだけしっかりと狙いを絞り辛勝。
ランク入りをかけた試合はミナミラボの青木選手。
前の試合を見ていたので思うように攻めれてそして相手に打ちミスをさせて思ったより楽に勝てた感じ。

準々決勝は早田も負けた塩見選手。
1,2セットは勝つ要素がなかったが3セット目はタイムからうまく得点したものの要所で指示していたやってはいけないことをやってしまい万事休す・・・。
今までに比べてこちらが指示したことをだいぶんできるようになってきたし、これからは自分のやらなければいけないこと理解してこのランク入りを糧に更なる成長に期待したいと思う。

田中は予選敗退。
6月の1ヶ月間を故障で棒に振ってしまったがその間にちょっとした変化で試合の声の出し方が変わってきた。
そして今回は自分の求める卓球をしようと話し勝ち負けは2の次に考えようと。
初戦の1本目に相手のドライブを思い切ってカウンタースマッシュで得点。
この1本で今回の目標は大方達成したと。
自分がどんなパターンで得点しようとしているかも自分が見ていても良くわかったし1つ1つの技術の正確性を出すことが課題です。

バンビのあずみ

今までで1番声も出していたし、勝とうとする気持ちが少しづつ強くなってきた感じ。
負けた試合でも10-4から10-10に追いつきあと一歩というとこで勝利は逃したが6本ミスをせず指示したことを忠実にやれたあたりは十分評価できる試合だった。
まだまだこれからの卓球人生楽しんでいってくれればいいと思う。

総評とすれば勝ち負けも大事だけど楽しんで試合ができたか今回の試合で何か成長してくれればそれだけでいいんじゃないかと。まだまだ卓球人生はこれからだし、本当に勝ちたいと自分で思えるようになってきた時に自分で考え実行できれば良いと思う。
まだまだ小学生他にやりたいこともあるはず。帰りの新幹線でも試合の勝ち負けなんて忘れて大はしゃぎしてるしそんな姿を見ていたら勝ち負け以上に大事なものがそこにあったような気がしました。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://greenfairly.blog91.fc2.com/tb.php/129-81b73576
該当の記事は見つかりませんでした。